Adoptable StorageとTWRPのカンケイ

CSee049WwAAUW_TOnePlus Xを使い始めて4か月。最近、「やはり」容量の少なさが気になってたまらない(;´∀`)(;´∀`)  16GBでは170アプリ程度入れると5GBを切ってとても心細い(ゲームアプリいっさい無し)。4GB以下になると、もう通勤中に息苦しくなってくるw

そこで、最近OnePlus Xでも公式になったMarshmallowのCyanogenMod 13を常用してることもあり、Android 6.0からサポートされたAdoptable Storage(外部ストレージを内部ストレージのように扱う機能)を試してみることにした。

Screenshot_20160524-164500
画面■裏事情として、CM12まで常用していたLink2SDがサクッと動かなくなったこともある(;´∀`)

私的に重要なのがCyanogenMod(CM)13のNightlyを頻繁に上書きアップデートしたいこと。それは、カスタムリカバリのTWRPとAdoptable Storageの関係が良くなければ成り立たない。手を出した前提として、TWRPが3.x以降Adoptable Storageに対応したというアナウンスがあったこと。。

以上、日本語では2016年5月現在まだまだ情報が少ないので、備忘録として現時点で分かっていることをまとめてみた。

Screenshot_20160523-155357
画面■こんな感じでMarshmallow上では外部ストレージの扱いを選ぶことができる。

Screenshot_20160524-201730
画面■「内部ストレージとして使用」を選択するとこんな感じ。途中このストレージは遅いよ、などとダメ出しされることもあるので速いmicroSDが欲しくなるという付加効力が(;´∀`)

Screenshot_2016-05-24-20-45-34
画面■そして、TWRP 3.0.2上ではこんな感じ。「Adopted Storage」と表示されているので認識されていることが分かる。

ここからがタイヘンだった(;´∀`)

自らのググり能力が足りないこともありw、TWRPでバックアップしたデータがどこに?保存されているのかが。直接的なキーワードも分からず数日。。

そして、

Screenshot_20160524-195132
画面■おおお?!(・∀・)

Screenshot_20160524-195147
画面■(・∀・)(・∀・)(・∀・)

Screenshot_20160524-195157
画面■あったぁ!!(・∀・)(・∀・)

分かればなんてこと無い(;´∀`) 「mnt expand media twrp」などとググれば天下のXDAスレにたどり着いた。。。

/mnt/expand/<A long alphanumeric string>/media/0/TWRP/BACKUPS/<Phone Serial#>/<Date-Time-Build>/

Adoptable StorageにおけるTWRPディレクトリは、とても深かった。。。(;´∀`)

次回、このままでCM13更新に問題がないのか検証など

いちばんのポイントは、/mnt/expand/<A long alphanumeric string>/下に保存されたアプリなどがTWRPバックアップで紐づくのかどうか。。。TWRPバックアップの意義は、アプリ環境まですべてイメージバックアップできること。Adoptable StorageでmicroSDに分散されたアプリまで包括されるのだろうか。。。

まぁ、TitaniumBackupでもバックアップしてるので最悪の事態は避けられるけれど、いざという時(Nightlyアップデート前のサクッとバックアップ)のお手軽さからは離れられない。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする