Adoptable StorageとTWRPのカンケイ

CSee049WwAAUW_TOnePlus Xを使い始めて4か月。最近、「やはり」容量の少なさが気になってたまらない(;´∀`)(;´∀`)  16GBでは170アプリ程度入れると5GBを切ってとても心細い(ゲームアプリいっさい無し)。4GB以下になると、もう通勤中に息苦しくなってくるw

そこで、最近OnePlus Xでも公式になったMarshmallowのCyanogenMod 13を常用してることもあり、Android 6.0からサポートされたAdoptable Storage(外部ストレージを内部ストレージのように扱う機能)を試してみることにした。

Screenshot_20160524-164500
画面■裏事情として、CM12まで常用していたLink2SDがサクッと動かなくなったこともある(;´∀`)

私的に重要なのがCyanogenMod(CM)13のNightlyを頻繁に上書きアップデートしたいこと。それは、カスタムリカバリのTWRPとAdoptable Storageの関係が良くなければ成り立たない。手を出した前提として、TWRPが3.x以降Adoptable Storageに対応したというアナウンスがあったこと。。

以上、日本語では2016年5月現在まだまだ情報が少ないので、備忘録として現時点で分かっていることをまとめてみた。 続きを読む Adoptable StorageとTWRPのカンケイ

ACアダプタ12V 5Aから10Aに換えた

電源にはこれを使っているけれど、付属の5Aアダプタを手に持つと前よりも熱い。C2758マザーになって10W増えたからだ:;(∩´﹏`∩);:。Amazonでポチって10Aタイプに換えた。ワットメーターの61Wは、ハブやVDSLモデムなど含めた電力値。サーバーだけはマイナス8W程度。 続きを読む ACアダプタ12V 5Aから10Aに換えた

これで動くVyOS設定 ── RTX1100(ハード)からVyOS(ソフト)にルーター乗換

VyOSについて調べていると、Vyattaコマンドのものが多くてNATについてもなかなかまとまったものがなく。情報収集で数日かかった。以下、インストールのところから操作を順番に覚え書きメモ。インストールしたものは、vyos-1.1.6-amd64.iso。ディスク容量3GB、メモリー量512MBで仮想マシン構築。

断片的情報ではなく、これでインストールから繋がる、サーバー公開できる、という自己メモ。

ff0946493fdcb98d5c74cab94e681c62

続きを読む これで動くVyOS設定 ── RTX1100(ハード)からVyOS(ソフト)にルーター乗換

MegaRAIDの監視メール通知

MSMでRAID状態を確認してみたものの、いちいち見るほどの情報がない。そもそも日ごろRAIDエラーが出た時に確認する程度。やはりメール通知がほしい。そこでいろいろググって、こちらを参考に「megacli 日立」でヒットしたものを使わせていただいた。

やはりメール通知で難航。と、そもそもESXiから送信させようとするから悩む。ということで、発想転換して別仮想マシンからESXiへexpectすることにした。これをcronすればいい。 続きを読む MegaRAIDの監視メール通知

A1SRi-2758F、Amazon.comから11日半で到着

製 品 名 価 格
Supermicro mini-ITX MBD-A1SRI-2758F-O 43,214円(US)
転送+送料(スピアネット) 4,667円(US)
関税 1,900円
S.O.DIMM ECC DDR3L-1600 16GB(8GBx2枚組) 12,990円(国内)

金曜日に注文すると、急いで手続きしてもUSで土日を2回またいでしまうため、荷物が動かず待たされ感がある。週明けがいいかもしれない。

■23日
到着した。注文してから11日間と半日で届いた。関税とられて、12月23日現在の価格.com比で約4千円安いだけ。。。この手間と時間考えると微妙すぎる!(;´∀`) いや、、、失敗だったと言える(;´Д`) まぁいいかw

IMG_20151223_120636

 

続きを読む A1SRi-2758F、Amazon.comから11日半で到着

備忘録@Atom + ESXi 自宅鯖