カテゴリー別アーカイブ: ESXi

UbuntuでWN-G300UA(8192cu)を使ったアクセスポイント仮想化

2017年5月現在、Linux、Debian、Ubuntu、AP、WiFi、アクセスポイントなどをキーワードにしてググると、LinuxでAP化についてそれなりにたくさん情報が入手できる。でも、情報が古かったり安定って書かれてても実はそうでなかったり、意外と単一記事情報だけでは安定稼働にたどり着けなかった。
最初はVyOSでwlan0認識させるのがスマートだ!と思っていたものの、サックリとうまくいかず再起動を繰り返し、ネット遮断がタルくなった(ポンコツだ)。

ルーターも仮想化したし、そうだAPも仮想化しよう

注目すべき構築ポイントは、インターフェイス認識と、Wi-Fiデバイスモジュール(ドライバ)が適切かの2つ。前者はUbuntuの自動認識に任せ、後者はフィクス版に入れ替えることで安定した。以下を真似れば、そのままド安定するものとして覚え書きのメモ。

環境・使用したもの

・ESXi 5.5.0
・ubuntu-16.04-server-amd64.iso で仮想インストール
IOデータ WN-G300UA
・USBデバイスパススルー(「Realtek WN-G300UA」認識)
・create_ap(hostapd)

続きを読む UbuntuでWN-G300UA(8192cu)を使ったアクセスポイント仮想化

これで動くVyOS設定 ── RTX1100(ハード)からVyOS(ソフト)にルーター乗換

VyOSについて調べていると、Vyattaコマンドのものが多くてNATについてもなかなかまとまったものがなく。情報収集で数日かかった。以下、インストールのところから操作を順番に覚え書きメモ。インストールしたものは、vyos-1.1.6-amd64.iso。ディスク容量3GB、メモリー量512MBで仮想マシン構築。

断片的情報ではなく、これでインストールから繋がる、サーバー公開できる、という自己メモ。

ff0946493fdcb98d5c74cab94e681c62

続きを読む これで動くVyOS設定 ── RTX1100(ハード)からVyOS(ソフト)にルーター乗換