Magic Hue WiFi、デバイス追加できず返品

シェアする

スポンサーリンク

「Magic Hue WiFi スマートLED RGBW電球」という名のスマートバルブを注文。この製品は、日本版Alexaスキルの「Magic Home」で使えるとの情報から、「現時点で」Google HomeとAmazon Echoで使える国内有数なスマートバルブではないかと思い、大きな期待で購入。。。

Magic Hue WiFi、Magic Home共にLED Controller

スマホのアプリ名は「Magic Hue WiFi」。Alexaスキル上では「Magic Home」と別物のように見えるものの、アマゾンの製品ページからリンクされている「カスタマQ&A」のGoogle Home説明では、しれっとMagic Homeを使えという説明?! 2つの関係が最後まで分からなかったものの(Magic Homeはハブ経由アプリのような情報も発見)、共に、LED Controllerなるデベロッパーであることは確か。

そして、以下がスマホアプリ上でバルブ(デバイス)登録の順番をスクショで追ったもの。アプリは、Google Playでも公開されている上記の通り「Magic Hue WiFi」を使用。

アプリインストール後は、適当なメールアドレスを使ってサインイン登録と位置情報権限の許可が必要。しかし、デバイス追加できないまま解決する根拠もなく、何度もなんども登録し続ける羽目に。無念(後で分かったことは、デバイス情報をサインインしたクラウド先に保存している感じ。バルブがバックドアになるのは勘弁)。。。

確かに2.4GHzのSSIDを指定しているものの

既存のWiFi(SSID)に接続したまま追加を進めると、下画面のようにバルブのSSIDへと直にWiFi接続するよう切り替え要求表示となる。

バルブへの直接続後はSSIDのPWを要求されるので入力。そして、表示内容の通り上画面に「戻る」操作すると、下画面の状態に遷移する。「この段階までは」バルブとやり取りしていることが分かる(WiFiアイコンに✕があることから、インターネットには繋がらないバルブ接続のみを表す)。

そして、

上画面は「バルブがAP(指定SSID宛)に接続」しようとしている状態。

しかしバルブがAP接続できない

しかし、ダメだ。。。

バルブがAP(SSID)へ接続できない。。。

何度も試した後に「Magic Hue電球」へサポート要求しても日本語?!がまともに通じず、もう疲れた。断念。。。無念。

初期設定の流れは、Magic Hue WiFi起動後に、
1. デバイス追加。
2. バルブを親機として直にWiFi接続切り替え。
3. 部屋設置APの2.4GHzに接続するための、SSID指定とPWを手入力。
4. バルブが部屋設置APへ接続を試みる。

と、意外と単純。

そもそもバルブへの接続も確立できない状況からも、初期不良のような気がする。でももう信頼性が無くなってしまい、再購入する気も起きない。

Magic Hue電球のカスタマサポートへ問い合わせたところでは、

・デバイス接続がMagic Hue WiFiが失敗するならば、アカウントを作成し直してほしい。(5回も作り直したがな)
・電源オンオフを繰り返して、電球デバイスのリセットを試すこと。(何十回もやったがな)
・本当にMagic Hue WiFiを使っている?(当たり前です)
・2.4GHzしかサポートしてないよ。(分かってるがな)

といったマニュアルで分かるような返事しかなく、技術的な原因追求はまったく望めず、返品。。。

無念・・・。

本来は使えるはず?!

アマゾンのレビューを読めば、偽装書込みばかりでは無いように見える。本来であれば、Google HomeでもAmazon Echoでも使えるのかもしれない。。。

しかしまぁ、ググっても個人ブログはヒットせず、Twitterでも見つからないけれど(2017年12月現在)。

投稿者プロフィール: 宇宙、Linux、ネット、映画が大好物。